廃車にする前にしておきたい買取見積もり

廃車にする前にしておきたい買取見積もり

なんらかの理由があって車を処分する場合、ただ廃車手続きをするよりも買取業者に見積もりを出してもらうことでお得に車を処分することができる可能性があります。
もちろんただの中古車買取業者では値がつきませんが、廃車買取業者であれば思いがけない見積もり額が提示されることもあるのです。
この時、気をつけたいのが見積もりを出してもらう業者を一つに絞らないということです。
なぜなら、多くの人が廃車買取の相場価格を知らないことを逆手にとって、相場よりも安く買い叩こうという悪質な業者が残念ながらいるからです。
そうした業者に買取を依頼してしまうと、最悪の場合は本来値がつくはずの自動車だったとしても、無料引取扱いとされることもありますので注意しましょう。
現在はインターネットを活用すれば、複数の廃車買取業者から一括で見積もりを出してもらうことが出来ますので、そうしたサイトで自分の車の相場価格を知っておくとよいでしょう。

廃車にあたっての必要書類

廃車には一時抹消登録と永久抹消登録という種類がありますが、解体をして永久にその車に乗らないというのであれば、永久抹消登録のほうが該当します。
多くはカーディーラーなどに任せることになりますが、その場合の必要書類として挙げられるのは、所有者の最新の印鑑登録証明書、印鑑登録をしている印鑑を押した委任状、車検証、移動報告番号と解体報告記録がなされた日を記した書面などとなっています。
ただし、車検証の住所や氏名が、たとえば転勤や結婚などで違ってしまっている場合には、そのことが証明できる住民票や戸籍謄本といった別の必要書類が求められることがあります。
また、もしも次回の車検までの日数が残っているようであれば、廃車にともなって自動車重量税の還付を受けることもできますので、永久抹消登録の申請書にあわせて、還付の申請書を提出することになります。
その際には印鑑が必要であるほか、マイナンバーがわかるもの、還付金の振り込み先である銀行口座の番号などがわかるものも、あわせて必要となります。