放置車両の廃車の問題点

放置車両の廃車の問題点

自動車はかなり大きな品物です。
それが空き地や道端に放置されていたら、他の物と違って一台でも結構迷惑ですが、この廃棄処分もかなり手間がかかります。
まず、放置自動車だからといって勝手に廃車にして処分することはできません。
なぜなら、処分権があるのは、自動車の持ち主だけだからです。
そこがすべての問題点です。
そこで、警察に届けると、たいていは、警察もどうすることもできません。
なぜなら、その車が公道に放置されていれば、当然に、通行の危険や迷惑なので、警察の対応範囲ですが、しかし、たいていの放置自動車は誰かの敷地や空き地に勝手に放置されている場合が多いからです。
そうなると、警察は、公道上の迷惑駐車と違って勝手に運び出すことができないからです。
その代わり、その土地の所有者と放置自動車の持ち主が話し合って解決するしかなく警察は介入することができないのです。
その場合は誰かが車体番号を調べて、陸運局へ行き、放置自動車の持ち主を探し出して、その人と話し合いのうえ、レッカー移動して廃車してもらうしかありません。
それでも、よくあるのは、その車体番号すら読めなくしたうえで放置されていると持ち主を調べようがなくそこが問題点です。

放置車両を廃車にしても買い取ってもらえるのか?

以前家族が乗っていたものの、持ち主が亡くなるなどして、乗らずに放置してしまっている車を所有している人は少なくありません。
こうした乗らない車であっても、廃車手続きをしていなければ毎年税金がかかってしまいますし、そのまま置いておくと故障が様々な箇所に広がり、自走できなくなるという事も起こりえます。
乗らない車を放置しておくと保管場所も無駄にとる事になりますし、スクラップなどで早めに廃車にしてしまうのがおすすめです。
しかし、スクラップ工場に持ち込むと解体費用がかかりますし、自走できないとなると運搬の手配もしなければならず、余計な手間や出費が必要になってしまいます。
そうしたときには廃車専門の買取業者に買い取ってもらうというのも一つの方法です。
例え自走できない様な状態でも、リサイクル資源として車体には十分に価値がありますし、無傷のパーツが多く残っていれば予想以上に高い金額で売れる可能性もあります。
業者によっては無料の引取や出張サービスを実施しているところもあるので、一度相談してみると良いでしょう。