放置している車を廃車にするには

しっかり廃車

いつの間にか乗らなくなって、気づけば車検も切れてた、なんて経験はないでしょうか。
車は乗らなくても自動車税が毎年かかっています。
放置している車に数万円も払うのであれば、早めに処分する事をお勧めします。
まず廃車とは、解体を意味するのではなく、自分の車としての登録を抹消する手続きを行うことです。
廃車にする方法としては、中古車販売に持って行き、買い取ってもらう方法があります。
しかし長年エンジンをかけていなかった車というのは、ボディーが綺麗な状態でも、内部の傷みが激しいことがよくあります。
そうするとあまり高値にはならず、廃車にかかった諸費用の方が高くついた、なんてことになりかねません。
長年放置していた車であれば、廃車買取専門業者に持って行った方が高く売れる場合があります。
ここでは車としてではなく、再利用できるパーツや鉄くずなどの素材として買い取ってもらったり、再整備をして海外で販売をするなど様々な再利用方法があります。
どちらにしても、素人では分からない価値があったりするので、いくつかの見積もりを出してもらい決めるのが良いでしょう。

廃車にする際の抹消登録について

廃車にする際に、抹消登録というのを行うのですが、それには二種類あります。
一つは永久抹消登録と呼ばれるもので、これはもう二度とその車には乗らないので廃車にする場合に取られる方法です。
例えば川や海、田んぼなどに車を落とし、エンジンが完全に使い物にならなくなってしまったでので処分したり、中には不幸にも災害に見舞われてしまい、所有車がどこにあるのかわからないというような時にやります。
一時抹消登録という方法があるのですが、これは先述したものとは違い、車自体は残しておいて、いずれまた乗る予定でも、長期の出張の場合、車を放置することになるわけです。
ところが、乗らないにも関わらず、何もしないでそのままにしておくと税金がかかってしまうので、これらの手続きをしておくと支払わなくて済むというわけです。
いずれの方法を選択するのだとしても、書類が必要だったり、期間が決まっているなどのルールがあるため、わからないなら代行してくれるところもあるので相談しておきましょう。