廃車時に返金が受けられる

しっかり廃車

廃車というのはお金を払ってするものだと思い込んでいませんでしょうか。
もちろん今ではリサイクル料金が必要なことは間違いないのですが、基本的にこの料金は予め新車購入時または車検時に支払い済みのはずです。
廃車するそのときになって負担するようなケースは、今ではほとんどありえないはずです。
リサイクル料金のことはさておいて、廃車時に返金されるものが3種類あります。
要は、保険や税金はある一定期間分をまとめて先払いしているので、その残りの期間分が返金されるという意味合いです。
覚えておきましょう。
一つは自賠責保険です。
自賠責保険は強制保険ですから、普通は自分の意志で解約することはできません。
しかし、廃車の場合は別で、手続きをすることにより払い戻しが受けられることになっています。
後の二つは税金で、自動車税と自動車重量税です。
こちらも基本的には手続きが必要です。
引き取り業者に聞いてみれば手続きの方法は教えてくれるはずです。

廃車をすると保険はどうなる?

自動車関連の保険には強制的に加入する自賠責と任意で加入するものがあります。
自賠責は先に保険料を支払ってしまっていますが、廃車にすると月割にして残りの期間に応じてお金は返ってきます。
ただし、自賠責の加入期間が1か月以上残っていなければお金は返ってきません。
また、自分で保険会社に連絡して返戻の手続きを行いますが、廃車にした日ではなく実際に返戻の手続きについての連絡をした日が基準になるため、なるべく早く連絡をしなければ損をしてしまいます。
任意の場合にも、自分で手続きが必要です。
新しい車に乗り換えるのならば車両入替申請を出さなければなりませんが、もう車に乗らないということならば、代理店などに連絡をして廃車をすることを伝え、手続きを行いましょう。
任意の場合には、先に廃車にする日を指定して解約を行ってもらう手続きを行うことが可能です。
解約の手続きを後回しにするとその分保険料が引き落とされてしまうこともあるため事前の手続きを行っておく方が安心です。