車を廃車にするか売るかどっちがおすすめ?

車を廃車にするか売るかどっちがおすすめ?

10年、10万キロを超えたような低年式かつ走行距離の多い中古車を買い替える際に、売ろうか、あるいは廃車にしようかと迷うことがあるかもしれません。
本音を言えば売ることができたら、それに越したことはありません。
しかし、古い中古車や事故で傷がある中古車などの場合、買い取りなど不可能に思えってしまう人が少なくないようです。
そして、買取価格ゼロ円という恥ずかしい思いをするくらいなだ廃車にしたほうがましかもしれないと考えるわけです。
ただ、現在のクルマは新車から10年が経過し、走行距離が10万キロを超えても簡単に壊れません。
10年、10万キロという基準は昔の話であり、人気車であればびっくりするような価格で買い取ってもらうことができることもあります。
まずは一括査定などで複数の買取業者から査定してもらい、査定額が全くつかなかった場合に初めて廃車にするという方法がおすすめです。
また廃車買取専門業者では、価値がないようなクルマであっても買取価格がつけてくれることが少なくありません。

原付きの廃車に必要なものとは?

自動車やバイクだけに限らず、自転車に関しても「所有者を特定するための登録」が必須です。
自転車に関しては義務というわけではありませんが、自動車やバイクに関しては原付きに至るまで登録が義務になっています。
そのため、使用しなくなった場合には「名義変更」や「抹消登録」をする必要があります。
自動車にしろバイクにしろ、登録してある状態では「重量税」が毎年課されます。
原付の場合は数千円と少ない負担で済みますが、乗らない状態にもかかわらず税金を納めているメリットはどこにもありません。乗らなくなったのであれば、早々に廃車手続きを行った方が賢明です。
原付の廃車手続きは非常に簡単です。市町村役場などに行き、所定の場所で手続きを行います。
書類に押印が必要になりますが認印で問題ありませんので、ハンコと身分証明書を持参するだけで書類を作成できます。
ただし、廃車手続きには登録証とナンバーの返納が必要になるため、忘れずに車体から取り外して持っていくようにしましょう。